野坂昭如氏 原作「火垂るの墓」実写映画の特別追悼上映

12/24/2015

火垂るの墓(実写版)野坂昭如氏、特別追悼上映

 

2015年12月9日、85歳でお亡くなりになられた作家・野坂昭如氏を追悼して、ジブリのアニメにもなった「火垂るの墓」(実写版)を特別上映いたします。

 

野坂氏は映画化にあたり、2008年の公開当時、「この映画は、戦争を知らない人たちがつくっている。小説では伝えきれないものを伝えている。少しでも戦争の実態に触れてもらえたら有り難い」とコメント。戦争の悲劇を次の世代へと語り継いでいきたいという思いから、今回の特別追悼上映が決まりました。

 

「火垂るの墓」は、野坂氏が自らの戦争体験をもとに執筆。太平洋戦争末期の1945年6月、神戸空襲で母を亡くした14歳の主人公・清太と4歳の妹・節子が西宮の親類宅に身を寄せたが、食糧難の中、親類からきつく当たられ、家を出てニテコ池の防空壕で過ごす。節子はここで最期を迎え、清太は駅構内で栄養失調で亡くなる。

 

なお、2016年1月9日(土) は、本作品のみのナイトシアター上映となります。

 火垂るの墓(実写版)

 

日時:2016年1月9日(土)19:30~21:10

会場:UDXシアター/秋原葉UDX 4F

 

監督:日向寺太郎 脚本:西岡琢也

原作:野坂昭如 撮影:川上皓市

音楽:Castle In The Air

出演:吉武怜朗、畠山彩奈、松坂慶子、

   松田聖子、江藤潤 ほか

 

©2008「火垂るの墓」パートナーズ

 

 

Facebook
Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

About Festival

News

Outline

LIVE

Ticket

MOVIE

Access

Partner

Contact

主催:秋葉原映画祭実行委員会(2019年度)

共催:一般社団法人千代田産業振興協会
後援:東京都/千代田区/江戸総鎮守 神田明神/TOKYO MX/つくばエクスプレス/千代田区観光協会/東京商工会議所千代田支部/日本動画協会

企画:King/モバコン/東洋レコーディング/アブストリームクリエイション/エミュー
協力:秋葉原電気街振興会/秋葉原観光推進協会/秋葉原駅前商店街振興組合 /秋葉原タウンマネジメント/AKIBA観光協議会/千代田区日中友好協会/

   アトレ秋葉原/mAAch神田万世橋/UDX THEATER/FUJISOFT AKIBA THEATER/アーツ千代田3331/Phenixx/ライヴス/パインプレーリ 他

お問い合わせ

秋葉原映画祭事務局一般社団法人千代田産業振興協会
101-0041 東京都千代田区神田須田町1-23-1 住友不動産神田ビル2号館 5F

☎ 03-6206-8475|FAX 03−6206-8740|E-mail info@cip.or.jp

  • FB
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon
  • White YouTube Icon

©2016-2019 Akiba Film Festival All Rights Reserved.