東京都、京都府、大阪府、兵庫県においての「緊急事態措置」による「秋葉原映画祭2021」開催中止のお知らせ

秋葉原映画祭2021実行委員会(一般社団法人千代田産業振興協会)は、東京都、京都府、大阪府、兵庫県においての「緊急事態措置」(4月25日から5月11日まで実施)を受け、全国で発生している新型コロナウィルス感染症の情勢を鑑み、2021年5月3日から5月5日の3日間で実施を予定しておりました「秋葉原映画祭2021」の開催を中止する決定をしました。 秋葉原映画祭は、声を出しながら鑑賞する「発声上映」をはじめとした映画祭として参加者の方々に親しまれています。無観客による映画配信は上映権利関係上難しく、ライブ配信に関する展開など施策も実施しましたが、費用対効果的に厳しいという判断に至りました。


尚、「秋葉原映画祭2022」開催につきましては、秋葉原映画祭実行員会および、地元企業やボランティアを含めて実施したい方向で企画を考えておりますが、未だ感染拡大が収まらないコロナ感染症の緊急措置や度重なる会場のキャンセル費用負担などにより、当面は難しい状況です。 今後の詳細につきましては、公式ホームページ、公式ツイッターにてご案内をしてまいります。


「秋葉原映画祭2021」を楽しみにして頂いた皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、皆様のご理解をいただきます様、何卒よろしくお願いいたします。

2021年4月25日

秋葉原映画祭2021事務局

実行委員長:青木龍馬

運営スタッフ一同

共催:一般社団法人千代田産業振興協会


最新記事
アーカイブ